今 上 天 皇 皇 后 両 陛 下 御 台 覧


昭和55年12月2日                            埼玉県立民俗文化センター


埼玉県行田市稲荷山古墳から鉄剣が発見されたことを機に、皇太子、妃両殿下

「今上天皇、皇后両陛下」現平成天皇、ご視察のため、埼玉県立民俗文化セン

ターに行幸啓になり、その時光栄にも高倉祇園太鼓、祇園ばやしが御照覧の栄

に浴しました。始め簡単な歴史由来を申し上げ、十分間の時間を精魂こめて、持

てる技のすべてを演出し無我夢中で終わりました。両殿下ご帰還に際し、廊下右

側に埼玉県知事、国会議員等の関係者、左側に岩槻人形師、私たち高倉郷土芸

能保存会の出演者が整列して、お見送りを申し上げる栄誉を賜り、一同謹んで頭

を垂れて居りました。両殿下がお静かにお出ましになり、私達の前にお進みにな

られ、皇太子殿下から、「高倉祇園太鼓の方ですね。大変立派でした。これから

    も励んでください。」と有難いお言葉を賜り、胸一杯になり感激いたしました。      

       尚、皇太子妃殿下からも、「高倉の天王様ですか。」(はい)

「祇園太鼓ですか。」(はい)

「笛を吹かれたのはあなたですね。」(はい)    

     「小さい太鼓はあなたですね。」(はい)            

「あの大きい太鼓を打つのは大変ですね。」(はい)

    「あのきれいな花は何というのですか。」(はい、笠鉾です)

緊張して、咄嗟のご質問に「振万燈」と「笠鉾」とを間違えてお答え申し上げて仕

舞い、全身恐縮の余り気を失った思いでした。「これからも大切にしてください。」

と心温かいお言葉に、只々感泣して自然に頭が下がりました。この光栄と感激を

胸に一同今後の精進に新しい決意を強くして、埼玉県民俗文化センターをあとに

帰路につきました。 なお、この上覧を記念して、入間市長水村仁平様の揮毫に

    より、高倉公民館の一と隅に、記念碑を建立させていただきました。           
      


昭和55年12月2日(特別出演日)                      

皇太子、妃両殿下「今上天皇、皇后両陛下」埼玉県立民俗文化センター

行幸啓特別出演ご台覧の光栄に浴しご賞辞賜う。             

 また、埼玉県知事 畑 和 氏より下記の書を賜る。          



平成6年12月23日作成 高倉郷土芸能保存会 会 長 山 畑 仙 吉  記