? ?  なぜ此処に神社があるのでしょう  ? ?

    

私達が家を建てる時、先ず日当り・水はけ・地盤の強度など、環境の良い土地を探します。
神社仏閣の建立時にも当然それを考えた事でしょう。
いや、それ以上に信仰に基づいた「陰陽」とか「風水」などの要素が複雑に組み合わされて決定されたのでしょうね。

即ち
「絶対に此処で無ければならない」事情があったと思われます。

1995年初書・2003年改書

まず、下の図を見て下さい。此の地図は「国土地理院」の縮尺2万5千分の1の「名古屋南部」の一部分です。
名古屋城の近くには神社が沢山有ります。

お城の北側には
「正三角形の頂点にそれぞれ神社」が有ります。
そして西側には
「直角三角形の各頂点に神社」が有ります。
その他、神社を結んだ多くの三角形が見られます。

これ等の「角度の精度はかなり高い」と思います。
実際に分度器を当てて見ると、その測量技術の高さに驚かされます。

それらを拡大してみます。

私はこれ等の神社の場所も祭神も知りません。
地図上を製図器でただひたすらに三角形を探しているだけです。
しかし、この精度の高い三角形は何かの約束事に元ずいたものである事は確かです。
しかし・その意味は不明で
です。
・・・先ずは此処まで・・・・
 
qwe@pop13.odn.ne.jp
直角三角形の各頂点にある神社
正三角形の各頂点にある神社
04/04/11 更新・・「黒又山」に追加