此処に、大正元年、謙受堂発行の「入間郡誌」の完全復刻版が有ります。

当時の入間郡内の地勢・沿革・行政・産業等を各町村別に編纂されております。

郷土史研究家には貴重な文献であると思います。

此処では特に現在の入間市地区に絞り、転載させて戴きます。

2001/11/20 宮寺在住 松平但馬

最終更新日:平成十六年三月七日


約九十年前の入間地区は、戸數3,009戸、人口19,234名、まだ鉄道は有りませんでした。 因に2001年9月度の其れは52,818戸、147,179名だそうです。

時代が変ると当然町並みも変り、風景も変りました。楽しく当時を偲べると思います。

尚、入間市ホームページの「景観50選」、「入間市の文化財」も参考に為ります。

入間市のみどころ・・・   http://www.city.iruma.saitama.jp/index.html

豊岡町

扇町屋、高倉、善藏新田、豊岡、東、扇台、久保稲荷、黒須、河原町、春日、宮前、鍵山、向陽台
金子村 根岸、中~、花木、上谷ケ貫、下谷ケ貫、三ツ木台、西三ツ木、寺竹、南峯、木蓮寺、金子中央
東金子村 上小谷田、下小谷田、新久、森坂、牛沢町、狭山ケ原
宮寺村 繩竹、南矢萩、北矢萩、小ケ谷戸、南中野、北中野、大森、山際、坊、二本木(下宿)
藤澤村 上藤沢、下藤沢東藤沢
元加治村 野田、佛子新光

戻る