藤沢村の現況
 藤澤村は豊岡町の東南、入間村の西南に接し、南は三ケ島村、西は宮寺、金子二村に境せり。郡内小村の一にして、不老川及之に並行する一細流(逃水川と云ふ)西南より東北に向て村内を貫けり。人家の存する處は細流の附近にして、土地稍々低し。所澤豊岡街道、入間元狭山街道は村内にて交叉し、人口二千百四十三、戸數三百二十五あり。
 上下藤澤の二大字に分る。土質は腐植土を主とし、陸田、雑木林多きに居る。産物は茶、織物等あり。 

藤沢村の沿革
 藤澤村は戰國の頃に開けしが、北條役帳に山口内藤澤四十貫文、山口平六知行せしことを載す。徳川時代のはじめ、上中下の稱あれど正保、元祿の圖は未だ上下の別を記さゞりしが如く、文化の改に及て明に上下二村を載せたれど、一方には又單に藤澤村とのみ記せり。依て恩ふに上下若くは上中下の別の如きは是れ通俗上に用ゆる所にして、未だ公式の區分ならざりしものならん。然れども今日は正式に上下に分てり。
 扨上中下に分れたりし藤澤村は、又采地支配地に分属して、土地互に錯綜せり。
 上藤澤全部及下藤澤の過半は支配地にして、其殘部は久貝氏の采地也。中藤澤全部は朝比奈氏の采地たり。明治六年上中兩村を合して、上藤澤となし、二十二年上下兩村を以て藤澤村を立てたり。上藤澤に石田姓多し。

藤沢村の入間野
 村の西部の地方にして、百年前まで十萬坪の野なりき。古は入間川村に属せしむを、寶暦年中藤澤の村となれり。建久四年源頼朝武藏國入間野に於て追鳥狩を行ひ、藤澤二郎清親百發百中の妙技を試み、將軍の感賞を博せし處は大凡此地方なるべしと云ふ。但古代は此原遥かに南方に連り、今の宮寺 元狭山附近も曠野なりし也。

●上藤澤

 ◎~明~社
 村社也。正徳年間~主源正如勸請す。

◎春日~社 元中藤澤鎮座。正徳年間~主源正如の勸請也。爾来沿革なし。

●下藤澤
金比羅坂 明治十六年近衛兵演習の際、明治天皇陛下龍顔麗はしく此坂路を通過せさせ給ふ。碑あり當時の詳細を叙せり。
◎熊野~社 村社也。日本武尊東征の時勸請すと云ふ。後元弘三年新田義貞再興すと、什器には刀一口(長二尺三寸八分)、石劔一口(長二尺三寸餘)寶器一面、~酒鈴一對、古鎧但甲のみ一個、幟二流、鈴一個、龍頭三個。
◎琴平~社 創立年月不詳、初め熊野社の境内にありしを天保七年移轉再興せり。
◎不動院 新義派眞言にて、中本山安樂寺末也。天保六年火災にかゝり、古記を失せり、口碑によれば年月不詳、僧斎範(何れの人か不明)當寺を創立して開祖たりと、然らん、元和甲申年七月十七日入寂の記今猶存す。本堂の外藥師堂、不動堂あり、小學校は不動院を使用せり。


◎「入間郡誌」に載っていない~社、仏閣、その他


戻る