金子村の現況
 東金子村は郡の中央より南部に當り、北は水富村、東は豊岡町、東南は藤澤村、宮寺村、西南は元狭山村、西は金子村、西北は元加治村の地に接續せり。豊岡青梅街道、村内に通じ、其舊道も廢頽の状を呈して、南方に存す。 又豊岡八王子街道も村の南隅を走れり。 入間川町を去る一里半、所澤町を去ると二里半也。
 入間川は北境の一部を流れ、霞川(上流は桂川と云ふ)は青梅街道に沿ふて流れたり。小池あり。阿須山の餘脈、村の西及北に連り、愛宕山、乗鞍山、源氏峯等名あり。故を以て土地高燥峻坂多し。然れども南部は一圓高平の地なりとす。入間河畔、霞河畔に些少の水田を見るのみにして、村内大抵陸田と雑木林とのみ。 土地甚だ肥沃なりと云ふべからず。
 産業は茶業、蠶業、機織等盛大にして、農産は麥を主とし、甘藷、豆類も出ず。新久、小谷田の二大字に分れ、人口二千三百六十五、戸數三百七十。

東金子村の沿革
 東金子は即西に接する金子と共に古の金子郷の地にして、東鑑寛喜二年六月十日の條に、武藏國在廳等注申云、去る九日辰刻當國金子郷雪交雨降云々と見えたり、又七黨村山黨の一派金子氏の據地なりしと覺しく、六郎家範、十郎家忠等既に著名也。然れども金子氏の住跡は或は元加治村佛子にありとなし、或は金子村木蓮なりとなし、何れも些少の理由を有するが如しと雖未だ十分に明ならず、但村内家忠に縁故ありと稱する舊蹟甚だ多し。
 其後降て天正十八年五味金右衛門豊直父の後を受け、八歳にして小谷田の地を賜はり、後寶永中其嗣絶ゆるに及で支配地となりしが、又一部を采地とし、或は田安家領となせしが、幕末の頃は釆地、支配地及堀田相模守領たり。新久も大低之に準じ、釆地として維新の際に及べり。
 采地支配地は明治元年武藏知縣事に属し、二年品川縣、次で韮山縣となり、堀田領は二年佐倉藩、四年佐倉縣となり、次で全村入間縣(三大區四小區)となる。六年熊谷縣、九年埼玉縣、十二年入間高麗郡役所々轄、十七年黒須、高倉及根岸、中~と六村聯合を作り、二十二年二村を合して東金子村を組織せり。

●小谷田
 村の東部を占め、頗る大也。戸數二百五十。小谷田元二村あり。一を小谷田と云ひ、一を根岸小谷田と云へり。別に新久の地方を稱して入小谷田と名けたるやの形蹟あり。小谷田は古甚大村なりし也。然るに何れの頃とも知らず。略三個の小谷田に分れ、入小谷田は新久と改められ、根岸小谷田も根岸と呼ばるゝに至りしならん。然れども小谷田本村即今の小谷田も未だ決して小ならず。
◎氷川~社 村社也。文治四年八月一宮氷川~社の分霊を勧請せるものなりと云ひ。勧請證書を藏すと云へど如何にや。明治四十年澤権現社、森原稲荷社等を合す。


 ◎中野原稲荷~社 無格社にして、元薬王寺に属せし小祠なりしが、二三十年來甚だ流行して、今は殊ど全盛也。明治二十七年今の社殿を立つ。境内廣濶、老杉~前に相並び、老櫻も交はる。華表甚だ多し。

◎東光寺 新義眞言宗豊山派に属し、西多摩郡大久野村西福寺末也。法榮山遍照院と號す。創立不詳中興開山印融、永正十六年八月寂す。 寛保元年諸堂焼失せしが、十四世霊妙之を再建せり。大日堂もあり。鐘樓もあり延寶年代の鐘をかく寺地は小學校及村役場の西に接し、墓地を丘上に設く、板碑甚だ多し。
◎五味氏墓所 東光寺墓地に五味氏累代の墓石あり。然れども古色蒼然たるものにあらず。或は古は五輪塔なども存せしにや。武藏演路によれば
  「五味主殿介政義墓、山内對馬守盛豊孫也。小谷田にあり。所民五味殿墓と稱す。五味頼母藤原政時の先祖也。古昔小田原陣供奉にて、手疵を受け、天正十八年十二月十六日知行處小谷田村に赴くとて、多摩郡關戸にて卒す、智光院と號す。頃年二百回忌にて尋ね、漸く此地に墓を發見す」。
 とあり。志料にも出で、墓を探索せる苦心の經過を語れり。政義は即ち豊直の父也。
◎五味氏屋敷跡  田谷と稱する處にあり。三反許の處なりと云ふ。其地を物色するに或は東光寺の附近、今の小學校の邊ならずやと思はる。
◎藥王寺跡  養林山と號し東光寺に属す。曾て中野原稲荷を所持せし寺也。今は廢寺となれり。
◎不動堂  東光寺の西南にあり。堂は高臺に設け、臺下に元の修驗明王院あり。院は笹井観音堂の配下にして、威徳山と號す。不動堂の舊別當也。堂に不動の木像を安置す。丈三尺五寸、古色蒼然偉大なる佛像也。傳へ言ふ。金子家忠の守本尊にして、家忠鞍骨山に城を設け、館を佛子に設く、強敵と戰ふに臨で祈願の功により勤を免れたりと。奉○追武州入東郡小谷田江不動之鰐口元和四年施主と刻したる鰐口あり。
◎金子家忠に關する古跡  金子坂は西北方に位し、佛子に出づる坂路也。家忠が常に往返したる處と稱せられ、十郎清水は北方牛澤にあり、家忠戰利あらずして、渇し、水を此處に求めたるなりと傳ふ。又村人は其の屋敷跡もありと主張せり。
◎福泉塚及五輪塔  五輪塔は源氏峯山林中にあり。四五基その一は桑田氏の祖膂力季でたる人ありて、多くの逸話を殘せり.塔は其人の墓なりと稱せらる。迷信により耳漏患者の参詣多し。附近に京塚と稱する塚一二あり。福泉塚は南方元狭山へ近し。福仙と稱する上人此地を選び、堂宇を建てたりと傳説ず。
◎寺跡?瓦製造所? 小谷田邊一蔕布目瓦の破片頗る散在せり。或は古の瓦製造所ありしか。此邊今も瓦の製造を行ふものあり。然るに又中野原稲荷東北方に接して板東山若くは盤堂山と稱する處畑中より頗る板碑を出せり。東光寺にあるもの殆ど然りと云ふ。依て或は此邊大寺堂のありて布目瓦を用ゐしにあらずやとも稱す。北方の咎池(やついけ)の邊には鐵糞を出す。矢の根石も元は頗る出でたりと云ふ。

●新 久
 新久は村の西南部にして、戸數百五十。
◎八坂~社 鎮守也。由緒不明。 
◎龍圓寺 新義眞言宗智山派に属し、高麗村聖天院末、龍岳山觀喜院と號す。境内に子の觀音堂あり。
開創不詳、中興開山俊譽、寶永六年寂す。堂宇荘厳なりしが、明治三十四年三月類焼に罹り、五月今の假本堂を設け、子觀音も其一部に安置せり。
◎市川屋敷跡 田谷(新久の田谷と小谷田の田谷とは位置接近せず)にあり。四反許の處にして、地頭市川田左衛門の住せし處と云ふ。其頃の鎮守たりし田谷稲荷の祠今も存す。又古井もありて龍圓寺の觀音は此井中より出てたりと傳ふる也。



◎「入間郡誌」に載っていない~社、仏閣、その他



                                    戻る