金子村の現況
 金子村は郡の南端に位する一村にして、北は加治、元加治の二村、東は東金子村、南は元狭山村、西は多摩郡霞村に接壤せり。
豊岡青梅街道の通路に當り、南には其の舊道もあり。川越町を去る五里、豊岡町を去る一里半也。
北は阿須山一帯の兵陵にして、南は高平の陸田地也。中央に桂川あり(下流霞川)。
 地味肥沃なりと云ふべからず。製茶養蠶の業甚だ盛也。根岸、中~、花ノ木、上下谷ケ貫、西三ツ木、寺竹、南峯、木蓮寺等の九大字より成る。 戸數六百六十三、人口三千九百。

金子村の沿革
 金子村の地方は東金子と共に古の金子郷にして、寛喜二年六月降雪の事東鑑に出てたり。金子家忠の事は更に云はず。木蓮寺は其の菩提寺と稱せらる。又瀧山古街道と稱するあり。瀧山城より鉢形城への往來にて、南峯の東南より寺竹を經て加治村阿須に出でしと云ふ。西三ツ木は堀兼村東三ツ木と相關係せしものゝ如く、東三ツ木の開拓者三ツ木氏は始め此地に住し、轉じて凍せしなりと傳へらる。
 役場に花ノ木某寄子給三百八十一貫六百文金子郷とあるは、花ノ木の住人に花ノ木氏ありしなるべく、高麗村新堀金山權現の~體に葛□郷花木宮天正七年己卯九月吉日妙泉坊とありしと稱するは、恐らく此地ならんと云ふ。
 中~に三輪~社あり。根岸は近年まで根岸小谷田と稱せし處也。
 木蓮寺に始まり中~、根岸、或は東金子一圓、豊岡町西部に及ぷまで、金子郷にして、桂庄に属し、或は八瀬の里とも稱したりきと云ふ。廻國雑記に、
   里人のやせと云ふ名やほりかねの井に水なきを佗てすむらん
とあるは此邊にや。
 江戸時代の頃、采地あり、支配地あり、田安領あり、川越領あり、甚だ錯綜せしが、幕末の頃は采地、支配地、及前橋領となれり。依って明治元年知縣事所属及前橋領あり。二年品川縣及前橋藩あり、品川縣は韮山縣となり。四年前橋藩は前橋縣となり、次で全村入間縣(三大區四小區)に入る。其後東金子に同じ。
 但十七年花木、上下谷ケ貫、三木、峯、木蓮寺、寺竹は、寺竹聯合を成し、中~根岸は黒須聯合に加はる。二十二年金子村を組織せり。

●根岸
 根岸は村の東部に位す。戸數五十。
◎稲荷~社 村社也、北方の高臺上に設く。

●中~
 中~は根岸の西に連れり。戸數六十。村名或は三輪神社に關係あるにや。
◎三輪神社 坂上と云ふ處にあり。桂川の南に位す。村社也。往古は琵琶明神と唱へしも萬治年中三輪明神と改めたりと云ふ。元は新久根岸中~の鎮守にして、藤原秀郷に關する一説話を傳へたり。
◎豊泉寺 東澤と稱する處にあり。木蓮寺瑞泉院末、開山本室文祿元年六月寂、開基豊泉左近将監にして天正三年九月卒す。左近の祖は小田原に仕へ、後浪人となりしが、左近此地を開き、此寺を立てたり。法名豊泉院名山大譽居士と云ふ。
寺は山に挟まれ、渓間の要地に居り、寺域頗る廣く、財寶甚だ富裕なりしも、漸く衰へ、且火災の難あり。今は一本堂及一庫裡を存するのみ。豊泉氏今尚存す。

●花 木
 花木は中~の西にあり。戸數三十。 
◎山祇~社 大門東にあり。
◎禹余糧(うよりやう) 街道舊蹟考に曰く、花木村の後の山より禹余糧を出す。土人は團子岩と云ふ。禹余糧なることを知らず。此邊の山は赤土山にて岩石等はなし。其色白く赤く、中に餡の如きものあり。故に團子岩と名けしならん。皆丸くして大小あり。拾ひ盡せしにや此頃は出でずと云ふ。と。
禹余糧は子持石とも稱し藥に用ゐられし也。

●上下谷ケ貫
 上谷ケ貫と下谷ケ貫とは相並て中央に居り、其東は花木にして其西は西三ツ木也。戸數合わせて百五十。
◎八幡神社 上谷ケ貫蓬合にあり。山腹に位す。村社也。境内に三峯、八坂、天~の諸社あり。
◎西光院 上谷ケ貫の譽田にあり。八幡山藥師寺と號す。開山賢覺、元和五年に創立し同年寂す。
今は無住也。
◎光圓寺 下谷ケ貫根道にあり。愛宕山地蔵院と號す。開山賢性正徳二年寂す。寺は曾て小學校に用ひられ、今は無住たり。
◎小田谷屋敷 下谷ケ貫西部にありしと云ひ、地頭大久保氏の先祖の住せしものりと稱すれど、村人今此地を知らず。

●西三ツ木
 西三ツ木は上谷ケ貫の西に連れり。戸數三十戸。三ツ木姓は即ち此地の舊族也。別に三木(みき)と稱するもの多し。三木氏元市村と稱せしが、明治の始改めたるなりと云ふ。
◎金子~社 入戸にあり。丘上に位す。元八坂~社と稱せしが、明治九年金子~社と改む。
◎金子堂 元馬頭観音堂と稱す。三ツ木氏の所有也。三ツ木氏即金子家忠の後と稱し、観音は、高野より遷
せるものと稱す。堂は村の南部にあり。
◎行人塚 南方にあり。今はなし。

●寺 竹
 寺竹は西三ツ木の西及北に位す。
◎白髭~社 裏山にあり。西三木との境に位す。故に古は境の明~と稱せしとかや。由来記に拠れば、桓武天皇八代後胤、金子武蔵野守平行長勅命により武總兩州武士の頭梁となり、關東に下向し、武州金子村に城て住す。後百餘年にして十郎家忠武運長久の爲に境明~を鬼門に造り、四百五年にして元龜三年に至り再建す。と。
 然れども白髭は依然として高麗人關系の~社と解するを可とす。金子村の邊必すしも高麗人の來位せざりしにあらざるが如し。社は丘上に位し、上下二宮あり、丘下に舊別當龍藏院あり。今は金子氏と云ふ。
◎高養寺 裏山にあり。寺岳山と號し、中古龍岳山と改めたりと云ふ。傳へ言ふ。寺竹は山腹の地に位するを以て、水の欠乏を患ふ。之を以て山號を龍岳と改めしに、泉湧出し爾来涸渇することなしと。 蓋し土地開拓の面影を忍ぶべき一話也。寺は瑞泉院に属す。開山天室徳源、永祿元年寂す。開基金子筑後守家定天正十五年卒す。法名高養院殿月峯常圓居士。

●南 峯
 南峯は寺竹の西に位す。戸數一百弱。
◎雷電~社 西加根にあり。
◎泉藏院 桂の里にあり。新義眞言宗、開山秀尊、貞元二年二月寂す。元祿年間二十五世智眞に至り、多摩郡鹽船寺の法流を酌めり。

●木蓮寺
 木蓮寺は南峯の西に連り、村の最西端也。村名は瑞泉院より起れるが如し。戸數一百。
◎赤城~社 笹山にあり。村社也。
◎瑞泉院 曹洞宗也。初臨濟なりしと云ふ。甲州永昌院末、金子家忠の開基と稱せられ、家忠建保四年二月卒す。法溢瑞泉院雄翁道英と云ふ。家忠の妻畠山氏家忠に先ち建仁元年三月歿す。法溢木蓮院標室奇榜と云ふ。
寺内に金子氏の墓石あり。五輪塔六基。文字何れも不明、唯其稍新しきものに無外妙相大柿口月十三日と見ゆるのみ。寺は數回火災にかゝり、今は假本堂及假鐘樓あるのみ。山間の幽谷にして、地勢來迫し、寺域として雄大なるの感あり。或は此邊家忠等の住せしにや。
 唯併しながら、街道舊蹟考に家忠近範の舊蹟は村民にきけど知らず。瑞泉寺に霊碑あり。香華院と云へど「石塔も墳墓もなし」とあるは注意すべし。
◎曲輪 瑞泉院の南一町許、高臺の上にして、今樺氏の住する處也。村民此地を以て家忠の舘跡なりと云ふものあり。
◎oケ寺 瑞泉院の西に位す。鹽船寺末也。今は廢寺たれども、其地頗る寺地たりしの感を殘せり。


◎「入間郡誌」に載っていない~社、仏閣、その他



                                       戻る