豊岡町の現況
 豊岡町は郡の略中央部にして、稍しく南に?せり。北は入間川を隔てゝ、水富村に境し、東は入間川町、東南は入間村、南は藤澤村、西は東金子村に接せり。川越、所澤,入曽、青梅及八王子、坂戸、飯能への街道、町より發して四方に向へり。川越町を去る三里半、所澤町を去る二里餘,飯能町を去る亦同じ。入間川北境に有り,霞川、町の中央を流れて之に合す。入間川と霞川の間、土地頗る高く霞川の南も稍々高し。入間川、霞川の畔は低地也。土質は輕鬆なる植質壌土也。茶,繭,織物の産有り。黒須、高倉、扇町屋、善藏新田の四大字に分れ、戸數六百八十五、人口四千八百七十五。町勢振へりと云ひ難し。

豊岡町の沿革
 豊岡町の地方は其あらはるゝと比較的に遅し。文明十八年廻國雑記に、くろす川といへる川に人の鵜つかひ侍るを見て、
  岩がねにうつらふ水のくろす川
      鵜の居るかけや名に流れけん。

とあるを以て、恐らく黒須の地は存して、地勢今と稍々異なり、入間川若くは霞川の枝流を假りにくろす川と稱したるものならん。此處に鵜つかひとは甚だ詩的感興を惹く事なるが、黒須に近く、入間川の小字に鵜ノ木あり.又鵜を飼養し得べき實例は近年入間川町の漁人が鵜一羽飼ひ居りしに見ても知り得べし。
 扇町屋は江戸時代の始には見るに足らざる寒村なりしが、八王子日光街道の設けられ、千人同心の往來頻繁となるや、傳馬の繼立場となり、人家日に集まり三八の日に市も立ち、穀物等をも賣鬻ぎ、繁華なる宿驛となれり。
 恰も此頃は入間川町の如きは微々たる一村落のみ。扇町屋の勢は近傍又此肩するものあらざりし也。
高倉の如きも甚だ振はず、進歩跡誠に徐々たるものあり。
 善藏新田に至ては享保中武藏野を開き、寶暦八年檢地して一村となりし處也。斯の如くにして、扇町屋の繁華を主として、豊岡町の地方は漸次其發達を遂げつゝありしも、明治に至て日光街道の往復中絶し、やがて汽車の便開けて入間川町に停車場設けらるゝに至ては、町運甚逆境なりと云はざるペからず。
 江戸時代の所属は、曾て円安領となりし處もありしが、全町殆ど采地若くは支配地を以て一貫し、明治元年知縣事に属し、ニ年品川縣となり、次で韮山縣となり、四年入間縣(三大區四小區)六年熊谷縣となり、九年埼玉縣、十二年入間高麗郡役所々轄、十七年黒須、高倉、小谷田 新久、根岸、中~の聯合と扇町屋、善藏新田、藤澤の聯合と行はれたり。二十二年四大字を以て豊岡町を成す。

●黒 須
 黒須は町の北部を占メタ利。戸數二百。野話曰、黒須村に川あり篠井川の上にて分れ、又末同じ川に落ち合不。其中の洲なれば黒須村ならんか。又永禄元龜の頃上田上野介の幕下に男衾郡玉川領木呂子(くろず)村所産の人にて木呂子丹波と云ひし人の知行にてもありしやと。黒須地勢の變遷説傾聽すべし。
◎春日~社 久保田にあり。大和春日~社を分祀せるものなりと云ふ。寶暦二年再建の棟札あり。元西山にありしが、維新の頃今の地に移す。村社也。八坂、稲荷、愛宕、向山等の末社あり。
◎蓮華院 後にあり。世音山妙知寺と稱す。高麗村聖天院未也。開山寂蓮年代不祥中興覺常、萬冶元年寂す。此時堂閣一宇を造る。貞享四年村内より鐘を寄進す。明治三十三年火災に羅り本堂庫裡を焼失す。三十五年再營す。本堂の北に觀音堂あり。堂宇見るペし。然れども永祿以前は更に壮大なりしと云ふ。奉施武州比企郡千手堂鰐口大工越松本、寛正二年辛已十月十七日願主釜形四郎五郎と刻せる鰐口を藏せり。如何にして此處に來りしにや。境内廣濶也。
◎觀藏寺 聖天院末、中興覺寺延寶三年寂す。
◎大行寺 蓮華院未、廃寺となる。
◎眞觀寺跡 蓮華院未にして村の東にあり。今は其跡も知り難し。
◎根本山藥師堂 信徒多く、冬至の盛況云はん方なし。創立不詳、延寶年間里人覺壽堂宇を再營す。
復廃る。嘉永二年地頭稲富氏より認可を得て、根本山三光院と云ひ、中興す、明治二十一年修驗を止めて、天台に復す。元は今の警察の處にあり。明治八年移る。
◎上小屋及下小屋 根本山の後方に位し、高臺也。兩地殆ど相接せり。昔陣屋ありし跡ならんと云ふ。
◎大將軍又は大將陣 風土記に、大將軍、南の方扇町屋堺にあり。古大將の陣取りし處なりと云ふのみにて其名を傳へず。按ずるに元弘三年新田義貞月鎌倉攻の時、入間川に陣す。
又文和二年源基氏入間川に下向の事もあれば是等の時の事にや。前の上下小屋と云ふも同時の名殘なるべし。と。
今豊岡町の人に就て問ふに或は大將軍は無けれども扇町屋に近き高臺の陸田に「大將陣」ありと云ふ。
思ふに大將陣は大將軍を轉訛せしめたるものにや。若くは大將軍が誤にして遠き古より大將陣として傳はり來れりとすれば、之れ川越仙波に於ける「南畑陣」と同じく、必ずや意味ある地名ならずんばあらず。
然るに若し大將軍なりしとすれば、直に以て義貞若くは基氏等武將の陣地と認むるは早計なるやの感あり。蓋し大將軍は小祠として古來僻地にも存したりし實例あり。又大將軍には敷地のみありて社なきもありと云ふ。
其依て出でたる原由に至ては恐らく陰陽道に基くものなるべしと雖、要するほ八王子、若王子等と同一類也。大將軍と稱するが如きを以て忽ち將軍陣地と為すペからず。今後の吟味を要すべし。

●扇町屋
 扇町屋は町の東南部を占めたり。戸數二百。風土記には昔民家の連りし本宿と稱する小名を掲げたり。今の宿の東北に當るが如し。高臺也。武藏演路に曰く、扇町屋、米商人、富家多く繁昌の町なり。八王子千人衆日光御往還の通なりと。

 ◎愛宕~社 中臺~明窪の地にあり。社傳によれば、往古武藏野の地が始めて開けんとするに當て、天照大~を祭り、中古正平十六年新田義興の霊を合祀し、嘉慶三年別雷~を合祀す。蓋し正平十三年足利利基氏、新田義興の首を此地に檢し、之を葬りしが、雷火あり、疫癘あり、里人恐れて義興を祭らんとす。基氏も畠山道誓に命じて義興甲冑馬上の像を造らしめ、之に軍扇を合せ、社を首塚の上に建て、之を祭る。天照大~も此時此に合祀せり。後弘和至徳の頃大火數次部落を襲ひ、嘉慶二年復大火あり、里人依て別雷~を勸請す。此時雷斧一、雷丸一を寄與す。天文年間祀官守屋伊豆、京師に參朝し、初號の勅許を得て新田大明~と號せしを、慶安二年の朱印には愛宕權現と記して、新田明~の稱を禁じ、併て古文書を召上げらる。と。或は思ふ。此社の創立さまで古からず。初~明若くは愛宕の祠を設けて、而して後に新田義興の信仰起り、一時私に新田大明~に擬したるものならん。義興の事は次項十三塚に述ぶ。明治五年村社となる。八雲、琴平、蠶影等の末社あり。蠶影は文政二年三月常陸筑波郡蠶影社よりせりと。

◎十三塚 愛宕~社の後を廻りて古十三個の塚ありと云ふ。文政の頃は纔かに四を存し、今は三を存す。病院の傍、道に沿へる一塚最も眼に就き易し。風土記に曰く、愛宕社々傳に云ふ。
 義興は江戸竹澤に欺かれて矢口渡しに於て、討たれけるにより彼の主從の首十三級を基氏が許に持來りければ、當所にて實驗を遂げ、其首を埋めし所十三塚とて今も殘れり。
太平記義興自害の條に云ふ。
 其後水練を入て兵衛佐竝に自害打死の首十三を求め出し、酒に浸して江戸遠江守、同下野守、竹澤右京亮五百餘騎にて左馬頭殿の御座す武藏の入間河の御陣へ馳せ参る。畠山入道斜ならず喜で小俟少輔次郎松田河村を呼出して此を見らるゝに仔細なき兵衛佐殿にて侯ひけりとて云々。と。
 (尚前後を参照すべし)社傳は太平記によりて之を増補布演したると明にして、而して太平記に載する所、前後を考定するに多少の疑問なき能はず。
 或は假令水中を物色して正確なる十三の首數を得て、酒に浸して谷口より入間川まで十三四里の道程を運搬し、基氏の實儉に供したりとするも、十三塚を造りしの一事は太平記の知らざる所也。「殊に著しき疑問は十三塚なるものゝ全國各處に甚だ多き一事なりとす」。
風土記によりて調査するも。地名若くは實物の上に存するもの、武藏國に於て、橘郡十ニ、久良岐郡一、都筑郡三、多摩郡三、荏原郡二、中に注意すペきは其一が矢口村矢口にありて、十三人塚と稱せられ、十寄明神の後にあり。
 新田義興及其從者十二人の墓なりと稱す。と記されたること也。續て北豊島郡二、南埼玉郡一、大里郡一、而して入間郡一也。尚北足立及比企に就て、調査せるに
  北足立都桶川町下日出谷十三塚の地名あり。
  同郡中丸村下宮内に十三塚ありて、全部若くは一部を現存するものゝ如し。
  比企郡南吉見村流川に十三塚ありて、「山の中腹に十三個列をなして現存せり

 尚注意すべきは土地により十三塚と云はず。十三坊塚、十三本塚、十三法塚、錢~壇等の名を冠すること也。
 而して其由来に關する傳説は僧侶の墓若しくは佛設に歸すると、武人の首塚(必ずしも義興と限らず)若くは戰爭説に歸するとの二趣あるが如く、所在地の往々にして~社若くは寺院附近にあるもの少からず。
 豊岡町十三塚に至ては偶々義興の故事と符合するものありと雖、更に少しく眼を大局に注ぎ、諸國に存する許多の十三塚そのものゝ根本的性質乃至由來を究明せんことを望むや切也。
◎日枝~社 本宿にあり。老杉繁茂し、一の森林を成す。社は永祿三年の創立なりと云ふ。明治四十年愛宕~社に合す。
◎久保稲荷~社 久保にあり。境内に老櫻相連り、築山、~樂殿、繪馬堂等あり。明治初年には常設劇場其他の觀覧物ありて、大に賑へり。今も十餘の民戸は殆ど社のために生活すと云ふ。社は天文年間守屋伊豆が京都稲荷山より分祀したる所と傳へられ、天明六年疫癘の流行せる後、頗る世に崇敬せられたり。
◎長泉寺 霞丘にあり。本堂は久しく學校に用ゐ、爲に佛像は之を傍の觀音堂に移し、堂舎甚だ頽廢せり。

●高 倉
 高倉は町の西部にあり。戸數一百餘。其淺間社の高臺は明治十六年近衛兵演習の時、明治天皇陛下親しく戰況を視察せさせ給へる處也。
◎氷川~社 宮小路にあり。元西高倉の産土~なりしが、維新の時、總鎮守となり、村社に列せらる。又附近の八坂社を合す。
◎八幡~社 若宮にあり。元東高倉の産土~なりしが、維新の時、總鎮守を氷川社に譲り、四十年氷川社に合す。
◎淺間~社 富士窪にあり。社地は高臺也。~體は圓鏡なるが如く、天文二年と刻せりと云ふ。四十年氷川~社に合す。
◎高倉寺 中小路にあり。能仁寺末、開山天良、天正十八年寂す。寺は今より百年前焼失し、殆ど見るべきものを殘さず、觀音堂あり。

●善藏新田
 善藏新田は町の東南部にあり。戸數不明。
◎愛宕~社 愛宕臺にあり。村社なりしが、明治四十年扇町屋愛宕社に合せり。
◎稲荷~社 富士見臺にあり。四十年久保稲荷に合す。



◎「入間郡誌」に載っていない~社、仏閣、その他


戻る