次に、私が調べた(ホビーですが)全国の地図の中から、三角形の神社群をを少し御見せしたいと思います

此れは秋田県の大湯にある古代のピラミッドではないかと云われる「黒又山」近辺の三角形です。学者の先生方も測量機を使って色々と調べています。
「十和田湖」の南側で「くろまんた(黒又山)」「黒森山」「環状列石」があり、神社群も多く見られます。
先年、東北を廻って来ました。黒又山にも登って来ました。
黒又山近景
大湯環状列石
黒又山地区を南に下りますと、「八幡平」が広がっています。「米代川」の下流です。其処に吃驚する程の精度を持つ三角形があります。

地図上には多くの神社がみられますが、他所より多い
「記念碑」があります。
「記念碑」「史跡」が含まれるのは当然です。これ等を結ぶと多くの三角形が出来ます。

今回は其れ等をはぶいて、
「驚きの測量技術」だけを御見せします。
地図の一部を切り取った物です。は神社、は記念碑、−線は東西線です。

「直角二等辺三角形」です。拡大出来ないのが残念ですが、神社の建物の真中が頂点です。 スゴイですネ。

これ等の三角形は
「東西線」に対して27度、24度で構成されています。
これは
「夏至・冬至の日出・日入の方向」だそうです。