狭山茶どころよもやま話

その一

「狭山茶」は、埼玉県下全般に生産されるお茶の総称です中でも入間市が主産地です



その二

お 茶 の 成 分 は

    1.カテキン類−−お茶の持つ渋味の成分.酸化作用。解毒.殺菌作用などがある。

2.カフェイン−−渋みの成分。興奮作用がある反面ストレスを解消する。

    3.ビタミンB群−−B1.B2.ニコチン酸.パンテトン酸.炭水化物の代謝補助.消化液
の分泌促進.粘膜保護

   4.ビタミンC−−多量に含まれ熱にも強く.一日お茶5−6杯で必要量がとれる.
             またメラニン色素の生成阻害.酸化抑制.病気に対する抵抗力の増強。

       5.テアニン−−色と香り.テアニンの深いあじわいとリラックス効果は.じっくり考えたり.
    コミュニケーションを深めたりするのに最適です。

 其の三

日 本 一 の 道 標
道標は、「北狭山茶場碑入道」と記され.高さが日本一の4.1メートルです
ギネスブックに記載されています。


その四

お 茶 の 花

   「茶の木」はツバキ科ツバキ属の常緑樹です.花は10月から
12月に咲きます.
     白い花弁と深い緑の厚い葉は.椿の花とウリ二つです.
      花を摘んで吸ってみると甘い蜜の味がします。




その五

茶 摘 み 唄
当狭山地方で唄われている茶摘唄です

1.そろうたそろうたよ お茶摘み娘
  日傘かわりの姉さんかぶりよ
  赤いたすきの十七.八がよ

2.お茶の若さよ色香のよさよ
  鬼も十八番茶も出花
  茶摘み娘の花ざかり

3.お茶の狭山か狭山のお茶か
  ここは武蔵野お江戸に近い
  狭山茶どころ名のあるところよ


その六

T V ド ラ マ
四月からTBSテレビで昨年放映した「夫婦道」というドラマを今年も当狭山
の根岸で撮影し放映しております
入間市の茶業組合が全面協力して狭山台地の茶畑やお茶屋さんを舞台に
お茶を栽培製造販売の一家族の営みをドラマ化しております。
6月で終了しました。


クリックしてみて?


 その七
                                                                                                           お茶の十徳
明恵上人がお茶を飲用することによって得られる効用を説いた十ケ条を「茶の十徳」
といいます。

一.諸仏加護      六.睡眠自除
二.五臓調       七.息災延命
三.孝養父母      八.天神随身
四.煩悩消除      九.諸天加護
五.寿命長遠      十.臨終不乱