いよいよWindows98におさらばする時がやってきました。5年間使い慣れたデスクトップパソコン、廃棄処分する前に記念に残しておくものは無いかしらと 初めてパソコン本体の蓋を開けて見ました。
メモリーは取り外して使える人にもらって貰い、ハード2個は取り出して一つは予備に外付けとして保管しておこう。整然と配置された チップセット 5年前は10×20センチだったのだけど今はどんどん小さくなって行きます。携帯などに使われているもの、将来は何処まで小さくなるのでしょうか見当がつきません。人間の頭脳は大したものですね。
もう WindowsXP が市場に出て3年目、0fficeXP を必要に駆られて買ってしまいましたが CPU も以前の何倍もあって確かに使いよいです。今までお膳立てして貰っていたので今回は自分でセッティングして見ました。ケーブルはすんなり接続されてインターネットが直ぐに使えたので分からない事はすべてメールで解決しました。
シロートはメーカー品なら後のサポートが良ければ気が楽です。気を付けなければならないのはセキュリティーでしょうか。
今年もあと僅か、この一年もパソコンと共に多くの方達と繋がりが出来て楽しい思い出を沢山残すことが出来ました。  あとに続く。

03'12.05. 記



パソコンっていろいろな分野で楽しめるのですね。今までのイメージはビジネスで能率を上げる為にいち早く情報を取り入れられる道具としてしか考えなかったのが、個人が趣味を生かすことが出来きるようになったのです。
絵を描くことの好きな人だったら水彩画のソフトもあるし、写真を写すことが好きな人はデジカメで画像を撮り込んで自分なりのアルバムを作る楽しみも有ります。
また、ホームページを作ることは自分を曝け出すことでも有るのですが、大義名分が無くとも、内容が貧しくとも、自然体で気負わずに自由に書き込んで後で訂正することも出来るしレイアウトもオリジナルで行けば良いと決め込んで居るのです。
今年は冷夏でした。草花は敏感に察知します、真夏と言うのに季節はずれに咲く花は秋風を呼んでいる様です。  あとに続く。

03'8.04. 記




風薫る5月になりました。 最近ではXPが定着してきたようです。新しくパソコンを購入される方は当然のように WindowsXP になってますので以前から使われている方もアップグレードされいらっしゃることでしょう。どのように変わっているか知る必要もあるので私の心は春風と共に揺れ動いております。
私のWindows98(98年もの)はまだよく動いてくれますし、多少動きが鈍くなったぐらいでは、私のおつむとどっこいどっこいで歩調が良いのです。
但し新しいソフトを入れた時が問題です。身分相応でないから拒否反応を起こすのです。そこでやっぱりオールドスタイルで行こうと決めるのです。
今やパソコンの寿命は2年持てばよろしいとおっしゃる。いくら消費時代とは言え古いものを再生出来る様にして貰いたいですね。  あとに続く。

03'5.02. 記



新たな年を迎えて、IT情報化がますます普及されて一般の家庭にも及んできました。平和な暮らしに利用されたいものです。
家庭ではパソコンよりも携帯電話の普及は目覚しいもので、身近な存在になってきました。パソコンを触らずに携帯電話を持ってしまったら、もうパソコンは必要なくなるかもと思う程です。
でも、携帯は飽く迄も便利さが優先で緊急時のためと割り切って、パソコンの醍醐味を知ったら物足り無いと思います。
最近は、WindowsXPも定着して、徐々にWindows98はサポートされなくなるとか。 不便を感じるまではWindows98で頑張ろうなんって思っておりますが、何時まで続けられるでしょうか。
今年も、わが愛機が良きパートナーで有りますように!   あとに続く。

03’1. 20. 記